zuntan02のはてなブログ

備忘録的なものです

【Route53+CloudFront+S3+ACM】転送設定:http(s)://hoge.jp/をhttps://sub.hoge.jpにリダイレクト

【作業メモ】

1)Amazon S3 コンソールで、hoge.jp(転送元) の正確な名前を使用して S3 バケットを作成します。

ドメイン名外は全てデフォルトで作成

2)作成したバケットを選択し、[プロパティ] -[Static website hosting]

[リクエストをリダイレクトする]
ターゲットバケットまたはドメイン:sub.hoge.jp
プロトコルhttps

3)Route 53 コンソールで、Aliasにhoge.jp のホストゾーンを選択します。

以下の様に設定

Name:hoge.jp
Type:A
Alias:s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com
Routing Policy:Simple
Evaluate Target Health:No
4)確認

http://hoge.jp → https://sub.hoge.jp
http://hoge.jp/aaa → https://sub.hoge.jp/aaa

★注意★
このままでは、http://hoge.jp(非SSL)からのリダイレクトは対応できてますが、https://hoge.jp(SSL)からはリダイレクトされません。
SSL側も対応する場合は引き続き下記の作業を実施

5)Certificate Managerで証明書を作る

[Certificate Manager]→「hoge.jp」の証明書を取得しておきます(手順は汎用的なものなので省略)

6)CloudFrontのDistributionを新しく作りOriginをS3にし証明書を設定します

[CloudFront]-[Create Distribution]-[GetStarted]

[Origin Domain Name]
→先ほどのS3の設定の時に出てきた{バケット名}.s3-website-{リージョン名}.amazonaws.comを指定します。
(サジェストで出るバケットは指定しちゃダメ)
hoge.jp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com

[Alternate Domain Names(CNAMEs)]
hoge.jp(自分のリダイレクト元にしたいドメイン名を指定)

[SSL Certificate]
→Custom SSL Certificateで先ほどのACMhoge.jp)を指定

後はすべてDefaultでCreate

7)Route53でCloudFrontに向くようにRecordを追加する

Alias:s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com

Alias:XXXXXXXXXXXXXX.cloudfront.net