zuntan02のはてなブログ

備忘録的なものです

【AWS】AmazonLinux2のyumリポジトリにパッケージが少ない件

【概要】

AWSの新標準AMIと思われるAmazonLinux2について、yumのデフォルトリポジトリ(amzn2-core)
はなんかヤケにパッケージが少ない。
できるだけAWSが用意してくれるリポジトリに従っていきたいので、以下の2段構えで構築した。

1)Nginxなど主要なパッケージは「Extras Library」からインストールする
2)上記にない場合はEPELを追加する

【詳細】

1)Nginxなど主要なパッケージは「Extras Library」からインストールする

提供されているトピック(=ソフトウェア群)一覧を確認

# amazon-linux-extras

  0  ansible2                 available  [ =2.4.2 ]
  1  emacs                    available  [ =25.3 ]
  2  memcached1.5             available  [ =1.5.1 ]
  3  nginx1.12                available  [ =1.12.2 ]
  4  postgresql9.6            available  [ =9.6.6  =9.6.8 ]
  5  postgresql10             available  [ =10 ]
  6  python3                  available  [ =3.6.2 ]
  7  redis4.0                 available  [ =4.0.5  =4.0.10 ]
  8  R3.4                     available  [ =3.4.3 ]
  9  rust1                    available  \
        [ =1.22.1  =1.26.0  =1.26.1  =1.27.2 ]
 10  vim                      available  [ =8.0 ]
 11  golang1.9                available  [ =1.9.2 ]
 12  ruby2.4                  available  [ =2.4.2  =2.4.4 ]
 13  nano                     available  [ =2.9.1 ]
 14  php7.2=latest            enabled    [ =7.2.0  =7.2.4  =7.2.5 ]
 15  lamp-mariadb10.2-php7.2  available  \
        [ =10.2.10_7.2.0  =10.2.10_7.2.4  =10.2.10_7.2.5 ]
 16  libreoffice              available  [ =5.0.6.2_15 ]
 17  gimp                     available  [ =2.8.22 ]
 18  docker=latest            enabled    [ =17.12.1  =18.03.1 ]
 19  mate-desktop1.x          available  [ =1.19.0  =1.20.0 ]
 20  GraphicsMagick1.3        available  [ =1.3.29 ]
 21  tomcat8.5                available  [ =8.5.31 ]

インストール

amazon-linux-extras install nginx1.12
2)上記にない場合はEPELを追加する

ex.Rootkit Hunter

# EPELの有効化
yum install -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

# RootkitHunberのインストール
yum install rkhunter