zuntan02のはてなブログ

備忘録的なものです

【qmail】qmHandleの導入と設定メモ

【メモ】

qmailを使ってると必須のツールqmailHandleでメールを削除する際、qmailのサービスを停止するのだが、

Calling system script to terminate qmail...
svc: warning: unable to chdir to /service/qmail-deliver: file does not exist

こんなエラーが出てサービスが停止できない場合がある。
本体はスクリプトなので直接編集すればOKだった。

【ログ】

cd /usr/local/src/mail
ll
# qmhandle-1.3.2.tar.gz

# 展開
tar xvzf qmhandle-1.3.2.tar.gz

# 配置
cp /usr/local/src/mail/qmhandle-1.3.2/qmHandle /etc/

# qmail停止および起動コマンド変更
diff ./qmhandle-1.3.2/qmHandle  /etc/qmHandle
========
< my ($stopqmail) = '/usr/local/bin/svc -d /service/qmail-deliver';
< my ($startqmail) = '/usr/local/bin/svc -u /service/qmail-deliver';
---
> # my ($stopqmail) = '/usr/local/bin/svc -d /service/qmail-deliver';
> # my ($startqmail) = '/usr/local/bin/svc -u /service/qmail-deliver';
> my ($stopqmail) = 'qmailctl stop';
> my ($startqmail) = 'qmailctl start';
========

# 確認
/etc/qmHandle -L
/etc/qmHandle -R
→動作する

# リモートキュー削除
# 削除実施(ヘッダでマッチするものを全削除)
/etc/qmHandle -h'failure notice'

めもでした。