読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zuntan02のはてなブログ

備忘録的なものです

(vmdk)シングルユーザモードで起動できないCentOSのVMのrootパスワードリセットをshadowファイル上のパスワードクリアで実施

Linuxが動いてた仮想マシンのvmdkファイルだけ送りつけられて、これを使ってくれといわれる。
・ユーザ情報もパスワード情報もない。

というとき、通常であればシングルユーザモード※で起動すればよいのですが、今回なぜかいつもの起動オプションに「single」を追記、でシングルユーザモードにならないイメージだった(これはこれで別途調査が必要だけど、きっとそのうちわかるだろう。今回は置く)のでハマった。

※シングルユーザモードでの手順は例えば
@IT:シングルユーザーモードで起動するには
この辺。とにかくkernel列の末尾にsingle(或いは1,或いはS)足したらいける系


【解決】
やりたいことはrootユーザのパスワードリセットだったため、
1)VMWare Workstation Playerで該当のマシンのディスク(vmdk)を対象に
 [Disk Utilities]-[Mount the virtual disk on the host.]
 で適当な場所にマウント。

2)マウントできたら仮想マシンのディスクの/etc/shadowのrootユーザのパスワード箇所を削除の上、再起動する。
削除箇所についてはシングルユーザーモード禁止状態でrootのパスワードを忘れたときは
(@IT)を参考にしてください。曰く

root:$1$Va/j/4zG$LmZf/P7bj2wwaHugF0xyz1:11376:0:99999:7:::
赤字の部分を削除する。ただし、文字の内容や長さはシステムによって異なる

3)ログイン画面になったらrootでログイン。pwなしでログインができる
→改めてpasswdコマンドでrootのpwを設定。

以上。