zuntan02のはてなブログ

備忘録的なものです

VMWare Playerアップデート失敗からの復活メモ

・先日、WindowsVista上のVMWare Playerをなんとなく3.1.4にアップデートしたら、
アップデートの途中で応答なしになってしまった。仕方なく再起動し、インストール
やりなおしててみたんだけど、その後仮想マシンからネットワークにつながらなくなった。
アンインストールして、再インストールしても状況は変わらず。

・調べると、以前は「vmnetcfg.exe」というのがあって、それでNATの設定を確認・
変更していたらしい。でも今のバージョンには入ってないっぽい。さらに調べると
VMWare Player 3.0 で、vmnetcfg.exeを使う」
http://gendosu.ddo.jp/?p=57
というとても有益な情報があった。

手元の環境で試した手順は以下の通り

c:\workの下にVMWarePlayerのセットアップファイルを配置して

c:\work:\VMware-player-3.1.4-385536.exe /e .\extract

→c:\work\extract以下に展開された「network.cab」を、適当な解凍ツール
(explzhとか)で展開すると、「vmnetcfg.exe」が入っているので、これを
VMWare Playerのインストールフォルダにコピー&ダブルクリックして起動。


・結局、NAT設定のサブネットIPおよびゲートウェイIPが、アンインストール前の
情報を引き継げていなかったために問題が起きた様だ。仮想マシンGATEWAY
設定を見ると、192.168.71.2とかなってたので、これにあわせてNATの設定を変更。

サブネットIP:192.168.56.0

サブネットIP:192.168.71.0


ゲートウェイIP:192.168.56.2

ゲートウェイIP:192.168.71.2


上記の設定を変更した後、仮想マシン側で
/etc/init.d/network restart を実行することで、ネットワークにつながる様になった。


追記:
VMWare Player 5では上記の手順では入手できなくなった模様。

VMware Workstation 9.0 無償評価版 を展開して同様の方法でOKだった。
C:\work\VMware-workstation-full-9.0.2-1031769.exe /e .\extract
(展開できずにインストーラが起動してしまう場合は、管理者権限で実行したらいけた)

追記2:
再インストール等でつながらなくなったとき、既に仮想マシンが多く
登録してあった場合は、仮想マシン側でなくホスト側の設定を変更する
「仮想ネットワークエディタ」にて
・サブネットIPを旧のものに変更
ゲートウェイIPも旧のものに変更